伊豆文学賞

d0228130_9221292.jpg私が講師をしている、静岡のSBS学苑、沼津校で小説の書き方講座に参加していた秋永幸宏(ペンネーム松山幸民)さんが、『伊豆文学賞』を受賞した。
先日、『第14回「伊豆文学賞」優秀作品集~はよう寝んか 明日がくるぞ』(静岡新聞社刊)が送られてきた。

添えられていた手紙には・・・

伊豆文学賞に作品集に『鬼夢』(小説部門)と『レアイズム』(メッセージ部門)の二作品をのせてもらえました。
読んでいただければ嬉しいです。
先生に教えていただいたことを忘れないようにこれからも書いていこうと思います。
ありがとうございました。


ちょっと手前味噌発言になっちゃうけど、私はどうも教えるのうまいみたい001.gif
この秋永さんに限らず、これまでいろいろと応募してきたけど、一度も賞にひっかからなかったって人が、私の講座に参加後、受賞、入賞なんてことはしょっちゅうだ。
ま、そもそも私は、賞の選考委員をやったり、応募作品の下位選考をしたりしてるわけだから、どんな作品が受賞しやすいかもよくわかる。
脚本家連盟からの依頼でNHK脚本コンクールの選考をした去年は、二次選考で私が「これ、すごくいい!!」って一押しの寸評つけたのが、最終選考まで残って、最優秀賞を受賞。
去年ドラマになった。

だから、皆さん、エッセイネット塾とか、SBS学苑へどうぞご参加を・・・018.gif
これまで私の中で蓄積してきた「物を書くこと」へのいろいろなこと・・・心構えだったり、ノウハウだったり、生き方だったり・・・そんなことが、人様のお役にたてられる日がくることを、考えもしなかった。
変な言い方だけど、教えることをするようになるまでは、作家って、すごい独りよがりな仕事だと思ってた。
それが、こうやって受賞の報せによって、受賞した当人はもちろん私まで幸せな気分になれるのだ。
これってすごいことだと思う。

もう、ただただ自分と向き合い続けるばかりの書くだけの「作家業」には戻れそうもない。
[PR]

by mizunomari | 2011-04-18 09:17 | デイリーコラム | Comments(0)  

<< 手のマメ おじさんバンド >>