ゴルフ旅

d0228130_06333085.jpg

今日から一週間出かける。
また犬たちを乗せて軽キャンで。

今日のお昼前には湯河原を出発して、新東名~中央道で中津川方面に向かい、途中の瑞浪?土岐?あたりの道の駅で車中泊。
そして、明日は9時頃着で中津川へ。
中津川では「ソーラー武道館」っていう、すごい大規模のロックフェスが開催されるのだけど、そのシャトルバスの乗り場近くで、フォークの野外ライブが開催されるんで、それに出演して、その後彦根に移動して彦根の犬も泊まれるホテルへ。
24日は和歌山に移動。
車中泊して、25日は和歌山でゴルフ。
その夜も車中泊で26日は大阪でゴルフ。
大阪でゴルフが終わったら淡路島に移動して、いつも利用する私がオーナーになってるリゾート施設に3泊して、そのうちの一日はそのリゾートのゴルフ場でゴルフ。
29日か30日に戻る予定だ。

和歌山、大阪のゴルフ場でプレイしたら、これで、全国47都道府県全部のゴルフ場を夫婦で制覇したことになる。

あとは心配なのは、お天気だね。

[PR]

# by mizunomari | 2017-09-22 06:28 | デイリーコラム | Comments(0)  

安室奈美恵引退について

安室奈美恵が来年引退するってことで、朝のワイドショーではそればっか。
8時からの番組なんて一斉にその話題で長々と20数分・・・てか、いろいろやりながらチラ見してたけど一向に違う話題にならないのでもうテレビ消しちゃった。
安室奈美恵は私にとっては、なんも興味ない存在だった。
大体、小室哲哉が作る楽曲が嫌いだったから、小室哲哉絡みのアーティストは必然的に入っては来なかったってわけ。
だから、安室奈美恵の売れてる楽曲のタイトルも全然わからない。
曲聞けば、「ああ、これね」って思うくらいだ。

でも、経歴すごいんだね。
20代から50~60代までファンがいるらしいけど、58の私の周りで安室奈美恵のファンだったって人聞かないなぁ。
多分そう言う人は自分の子供がファンで、それで、身近だったんだろうね。

今日は一日安室奈美恵かと思うとうんざり。
世の中いろいろ事件や、政治や報道してほしいこといっぱいなんだけどな。

安室奈美恵、ストイックな完璧主義者が決断した絶頂期での電撃引退発表

 歌手の安室奈美恵(40)が20日、公式ホームページで来年のデビュー記念日の9月16日をもって引退することを電撃発表した。今月16、17日に沖縄で25周年記念公演を行い、この日に誕生日を迎えた。引退の理由などは明かしておらず「本人にしか分からない」と関係者。所属レコード会社によると、11月8日(予定)にベスト盤を発売し、引退までの1年間で日本やアジアでツアーを開催する。14歳でデビューし、四半世紀を第一線で走り続けた。全作品の総売り上げ3700万枚を誇る歌姫が、節目を機に表舞台から去る。(スポーツ報知)



[PR]

# by mizunomari | 2017-09-21 08:35 | デイリーコラム | Comments(0)  

久しぶりにゴルフ

d0228130_07173096.jpg
昨日は久しぶりのゴルフ。
先月は5回行った。
その最後が8月31日だった。
それ以来だ。

台風一過の快晴で、気持ちのいい日だったけど、芝に苦労した。
ゴルフのグリーン・・・最後にボールを入れる穴があいているエリア・・・っていうのは、「ベント」と「コーライ」っていう2種類の芝がある。
今、多くは「ベント」。
こっちのほうが、パットはやり易い。
「コーライ」はしっかり刈ってあっても、芝目がきつくてボールが芝目に運ばれてしまい、ラインが読みにくいのだ。

昨日行った伊豆国際CCは両方のグリーンがあって、二つを使いまわしてる。
昨日は「コーライ」だったから、どうしてもパットの感覚がつかめずに、やっと合ってきたのが最後の2ホールくらいの時。
ま、言い訳にしかならないけど、とにかくコーライは苦手だ。

今月はこのあと、最終週に怒涛のゴルフ三回。
それも、和歌山、大阪、淡路島・・・。

22日から一週間の軽キャン旅です。



[PR]

# by mizunomari | 2017-09-20 07:17 | ゴルフ | Comments(0)  

『まりまりホタルの夢見る頃は過ぎたけどさ』9月17日

『まりまりホタルの夢見る頃は過ぎたけどさ』(FM熱海湯河原)9月17日放送分です。
「まりトコ」のトコちゃんがゲストです。



[PR]

# by mizunomari | 2017-09-19 06:57 | FM熱海湯河原 | Comments(0)  

敬老の日なので・・・

心配してた台風は、湯河原には直接大きな被害をもたらさなかった。
今日は朝から快晴。
風は強いけどね。
でも、同じ神奈川県内ではあちこちで被害が出たみたいだね。

昨日は、15時頃、トコちゃんが湯河原に来て、一緒にスタジオ行ってラジオの生放送にゲストで出てもらって、それから今日の練習も。
今日は、「ライフ真鶴」っていう老人ホームに慰問なの。
「まりトコ」での慰問は初めて。
今日はこれまで人前でやったことない曲を2曲入れてるんだけど、それはまだ練習が足りないからちょっと心配。

その内の一曲がこれ・・・
受けるかなぁ?



[PR]

# by mizunomari | 2017-09-18 07:41 | ギター&ライブ活動 | Comments(0)  

映画『アポカリプト』

ネット配信が多いけど、けっこう映画は観る。
大抵は観た人の評価欄が選ぶ基準だ。
一昨日、珍しく、その評価が満点っていうのがあって、迷わずそれを観た。
よくできた映画だった。
2時間超えにも関わらず、あっという間に観終わったって感じ。
夢中で観ちゃった。

検索したら、やっぱ評価は高いんだね。

「アポカリプト」「手に汗握る」という常套句を体感できる痛烈なアクション映画

 時代は16世紀初頭。舞台はユカタン半島。使われる言語はマヤ語。背景として描かれるのは帝国の自壊。スター俳優は皆無。

 こんなふうに紹介すると、歴史ドキュメンタリーのような映画を連想する人がいるかもしれない。外れ。「アポカリプト」の主人公は豪快に戦う。風のように走り、豹のように跳び、無尽蔵の体力と気力で生き延びる。

 ジャガー・パウ(ルディ・ヤングブラッド)は若い戦士だ。といっても、通常は深い森の村で静かに暮らしている。生活の大半は狩りと子づくりに割かれているようだ。

 その村がマヤ帝国の軍隊に蹂躙される。殺戮と強姦の嵐が襲う。生き残った者は奴隷や生贄として都へ連れ去られる。帝国の暴虐は容赦ない。人命は鴻毛よりも軽い。

 大まかに分ければ、ここまでが第1部と第2部だ。凄惨な戦闘は展開されるが、残酷描写は意外に少ない。心理描写はもちろん最小限だ。一方で、アクションの速度と密度が際立つ。古典的なカットバックを多用しつつ、監督のメル・ギブソンは、荒々しい自然と男たちの強靭な肉体を直交させる。

 導火線はしだいに太くなる。いや、爆薬が破裂して、さらに大きな爆薬の炸裂を促すと見たほうがよいか。第3部に用意された森の障害物競走は、非常に見ごたえがある。なによりも、実際にクロスカントリーの選手だったヤングブラッドの身体能力が飛び抜けて高い。第二に、森の自然がアクションによく練り込まれている。地形も獣も植物も、活劇のスパイスとしてフル活用される。しかも、デュオで迫る悪役の危なさが尋常ではない。たぶんこれは、ギブソンのパラノイア的特質がプラスの面に出た結果だろう。「手に汗握る」という常套句をここまでリアルに体感できる映画は、近ごろでは珍しい。(芝山幹郎)


[PR]

# by mizunomari | 2017-09-17 11:46 | 映画 | Comments(0)  

台風

d0228130_05551695.jpg台風18号・・・
どうなるかなぁ?

この連休に予定されてた静岡県での野外イベントは木曜日に中止が決まった。
それに伴った「前夜祭」と称した、富士宮でのオープンマイクに今夜行く予定で宿まで予約してたけど、それも中止に。

それらはともかく、心配なのは、明日のラジオの生放送と、明後日の慰問。
今日も、今から静岡に行って、カルチャーセンターの講師の仕事だけど、これは今のとこ大丈夫そう。

明日、心配だから事前に録音を・・・と思いついた時はスタジオがいっぱいで取れなかったのだ。
明日は、15時からトコちゃんと、慰問の練習なんだけど、まず、トコちゃんが湯河原まで来られるかどうか?
電車が止まるかも。

来られない位の台風だったら、私も熱海のスタジオまで行けないと思う。

色いろ考えても、台風が来てみないとわからないし・・・。
でも、とっても落ち着かない。

ま、なるようにしかならないんだけどね。

[PR]

# by mizunomari | 2017-09-16 05:52 | デイリーコラム | Comments(0)  

敬老の日

d0228130_08185608.jpg
また今年も慰問の季節がやってきた。
9月の「敬老の日」と12月の「クリスマス会」あたりに、高齢者施設の慰問依頼が多い。

昨日は、毎年行ってる熱海の「湯ったり館」というディサービスでの「敬老会」へ。
ホタルバンドも迷宮ちゃんとキョコタンは、平日は無理なので、昨日は温泉オヤジと私とホタルちゃんの3人。

でも、ホントは私は行くはずじゃなかったの。
動かせる用事ではあったけど、慰問の話の前に予定が入っていた。
しかも、皆で集まって練習できる時間もないってことで、ホタルちゃん&温泉オヤジの部と、エリックさんの部で分かれてそれぞれの出し物でやるってことになってた。
それがエリックさんのお父さんがなくなって、エリックさんが急遽だめになってしまったんで、私が参加することになった。

でも、結果はなんとか利用者さんたちに楽しんでもらえたみたいで良かった。

次の慰問は11月18日(祝)の「敬老の日」。
こっちは、ホタルちゃんの歌の伴奏の後、「まりトコ」のライブ。

「まりトコ」では初めての慰問です。

[PR]

# by mizunomari | 2017-09-15 08:19 | ギター&ライブ活動 | Comments(0)  

慰問

d0228130_06222726.jpg今日は、午後から、ディサービスへ慰問に行く。
本当は、今日は行かない予定だったのだけど、メンバーの一人が参加できなくなってしまったので、急遽・・・
でも、いつものようにベース、ギター(2人~3人)、アコーディオン、ヴォーカルのホタルバンドでの全員練習ができなかったので、今回はホタルちゃんと温泉オヤジと私の3人で3コーナーそれぞれ個別に分担することになった。

私一人でギターやキーボード(アコーディオン)の弾き語りでは、高齢者受けするような歌も歌えないので、ハンドマペット(手袋型の人形)で人形劇をしようと思いついた。
脚本はお手の物だからね。

で、参加が決まってすぐにネットで頼んだのだけど、昨日の段階で届いたマペットがまだ半分。
だから、昨日、プログラムを変更した。

「星の流れに」に合わせて手遊びのゲーム。
これ、私が子供会のリーダーをしてた大学時代に習って、子供達に向けてやってたものだけど、講演会の時に大人に向けてやっても結構受けてた。
それを、きのう急遽、高齢者向けにアレンジした。

どうかな?
楽しんでもらえるかなぁ?


[PR]

# by mizunomari | 2017-09-14 06:22 | デイリーコラム | Comments(0)  

東白川村

d0228130_07042822.jpg
おばちゃんの遺骨は、無事、弟の元へ届けた。
これで、おばちゃんの遺骨はお母さんの眠るお墓に入るはずだ。

この東白川村は日本で唯一、お寺が一軒もない市町村だ。
おばちゃんの実家や、弟のうちの地名も「神土(かんど)」という。
宗教は、神道で、本当は遺骨は49日後に納骨しない。
焼き場からすぐその日に納骨になるのだけど、分骨分を仏教である私の実家の墓に納骨するから、49日を待った。

その間、おばちゃんの遺骨は湯河原のうちの居間にあった。

その横には、私の父の位牌や遺影が・・・。
私は結婚して「村田」になっているので、本当は「水野」の位牌は長男である弟のところになければいけないのだけど、その弟は3年ごとに世界中で転勤して、現在はケニアに在中。
そんなわけで、私が持っている。
父は名古屋からこっちに引き取って病院に入って、病院で亡くなった。
その後母も湯河原に連れてきて、今、病院だ。

おばちゃんは、名古屋の実家と関わりが深かった。
名古屋では実家のすぐ近くに住んでいた。

その後お母さんの介護で一旦東白川村の実家に帰ったけど、、お母さんが亡くなってからは実家から離れて、東白川村に家を買って、一人暮らしをしてた。

その頃、私は小説の執筆が忙しくて、よくおばちゃんの家にこもって小説を書いていた。
何もしなくて、上げ膳据え膳だからしっかり集中できた。

初めておばちゃんに連れられて東白川村に行ったのは小学校1年の時。
今から52年も前だ。

それから、何十回も東白川村を訪れている。
最後に行ったのは10年くらい前?
おばちゃんの湯河原に引き取ることにして、おばちゃんの部屋を建て増ししたんで、東白川の家をどうするか、相談に行った時だ。

でも、もう訪れることもないかもしれない。
「東白川村」は、私にとって、心の故郷のような場所だった。



[PR]

# by mizunomari | 2017-09-13 07:00 | デイリーコラム | Comments(0)